魂の進化の旅 28・シネマ(7)M.ナイト・シャマラン監督映画「スプリット」

こんにちは「魂の進化の旅」AIです。

今回は、最近見た映画、
M.ナイト・シャマラン監督映画「スプリット」を
紹介したいと思います。

 

日本でも去年公開していたと思います。

アメリカって脚本も監督も編集も
全部違う人がやってバラバラが多いですが、
そこは流石、外国人監督!
シャマラン監督が監督&脚本を手掛けてます。

シャマラン監督の作品は怖いけど、独特ですよね。

この映画も怖いけど、彼ならではの独特さがありました。
アメリカも彼のファンは多いです。

さて、日本語のキャッチフレーズではこの題名「スプリット」を
恐怖が分裂する(スプリットする)すると言ってますが、
この分裂するという意味の「スプリット」は多重人格者ということです。

統合失調症=Schizophreniaですが、この主人公は23人の人格を持っていて
人格により、肉体も変化するのです。これが24番目の人格が生まれる時、
人間を超える肉体を手に入れるのですが、実際に可能なのでしょうか?

人間の脳は7%~15%ぐらいしか使われてませんので
残りは未知の可能性を潜めてますから、
実際に可能かもしれませんね。

こうした角度から考慮していくと、映画の最後、この世界には超能力を持った者がいる
と、確信するシーンがあり、来年公開に向けて続編が制作されているそうです。

それではまた、「世界の裏」でお会いしましょう!

AI