ミトラと融合したアテン一神教

前回の記事はこちらをクリック

アカデメイア・幾何学とフリーメイソンの関係
プラトン・アカデメイア・幾何学知らぬもの、くぐるべからず
古代文明(1)
古代文明(2)
古代イランとミトラの母、スィームルグ文化
古代文明(3)
古代の人々の死生観
古代エジプトの終末再生思想

さて、これまで古代の人々の死生観や古代文明について
書いてきましたが、このサイトは歴史書でもないので、
古代エジプトはここでいったん切り上げて、
独自で検索するか、残りは一神教の歴史を読んでいただきたい。

古代エジプトと一神教の始まり

そこに出てくる古代エジプト第18王朝のファラオであったアメンホテップ四世は
神官たちが王を抑えるほどの勢力になったため、
伝統的なアメン神を中心にした神殿権力による多神崇拝を否定し、
宗教的権力を王権と一本化することを狙い
太陽神アテンの一神崇拝を理念に掲げ、新たな信仰の証として、
みずからの名を公式にアク・エン・アテンに変更しました。

また王朝発祥の地テーベを放棄し、新都アケトアテンに遷都しました。

当時エジプトで信仰を集めていたのは旧来の太陽神アメンであり、
アテン信仰とは夕日を神格化した信仰で単なる地方神の一つでした。

夕日を神格化した神とはいえ、はっきりした性質もわからない神を
最高神だとすると、あまりにも貧弱な神で宗教改革も失敗してしまいます。

アメンホテップ四世の正妃ネフェルティティがミタンニ出身だったため、
メソポタミアの太陽神ミトラを習合させて出来たのが新アテン神でした。

歴史的にはこれが、広義の一神教の始まりとされています。

アメンホテップ四世は多神教を理念的に否定し、神々の像を破壊しましたが、
敵であるアメン神団を殲滅に追い込むこともなく存続を許していたので
アメンホテップ四世の死後、古参の臣神官アイは
ツタンカーメン時代に伝統的な神であるアメン信仰を復活させ、
首都をアマルナからテーベに戻しました。
そしてアテン神官、一神教徒たちをエジプトから追放しました。
(この臣神官アイもミタンニ出身といわれています)

この新王朝時代のエジプトの勢力は強く、積極的な外征を行い領土を広げていき
大帝国を作り上げ、エジプト国力は絶頂期を迎えたましたが、
アメンホテップ四世のアテンは平和と恵みの神であり、
そのころの美術は発展したものの、国内統治に集中し、戦争を避けたために
シリア・パレスチナ地方の属国群をヒッタイトに奪われ、
エジプトの国力が一時低下します。(今の平和主義者に思想が似てる?)

臣神官アイはアメン信仰を復活させ、首都をアマルナからテーベに戻すと
将軍ホルエムヘブを派遣してヒッタイトをパレスティナより撃退します。

古代エジプトのその後の長い歴史は、内政は徐々に混乱していき、
他国に対する軍事的劣勢が続き、エジプト王朝末期には
エジプトはペルシアに征服され、紀元前332年、
マケドニア王のアレクサンドロス3世がエジプトを占領しました。

しかし、アレクサンドロスが死去すると王国は部下達によって争奪・分割され、
最終的に帝国はプトレマイオス朝エジプト、セレウコス朝シリア、
アンティゴノス朝マケドニアのヘレニズム三国に分裂しました。

これらの国は東地中海からオリエント地域を支配し、伝播したギリシア文化が、
オリエント文化と融合して誕生したヘレニズム文化国です。

しかし、紀元前30年に最後のヘレニズム王朝であったプトレマイオス朝が
共和制ローマに併合されます。

プトレマイオス朝が滅んだ後も文化的にはギリシアはローマを圧倒し、
ヘレニズム文化が栄えました。

ヘレニズム化されたアヌビス像
ギリシア神話の智慧の神ヘルメスと融合して、ヘルマニビスともいわれる。

2 件のコメント

  • AI より:

    先にアカデミアを書いておいて、その後に長々と古代文明を書いたことをお詫びします。
    時間の流れ的にはこの記事の後に「アカデメイア・幾何学と古代フリーメイソンの関係」と
    「プラトン・アカデメイア 幾何学を知らぬ者、くぐるべからず」の2つの記事が来ます。
    再度お読みください。よろしくお願いします。

  • AI より:

    アメンホテップ四世は神殿権力による多神崇拝を否定し、
    宗教的権力を王権と一本化することを狙い
    ミトラと融合したアテン一神教をつくって都を移しましたが、
    日本でも京都(イエズス会)と江戸(天海)の宗教の住み分けをしたように
    古代エジプトも宗教の住み分けをしたのかもしれません。
    アメンホテップ四世の正妃ネフェルティティ以前に
    すでにミタンニ王国から王妃がエジプトに嫁いでメソポタミアの文化も入ってきてますから
    このアメンホテップ四世は単なる宗教の一本化を狙ったわけでもないように思えます。
    唯一一神教であれば排他的になり、多神教神官を抹殺したと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です