「旧約聖書」の舞台

「旧約聖書」の舞台となっているのは、エジプトからシナイ半島を経て、
チグリス川、ユーフラテス川へ至るメソポタミア地方です。

中でもカナン(地中海の東側 死海)の近くには、
ユダヤ人が神から与えられたとされる「約束の地」があります。

ユダヤ人は、この辺を中心に栄え王国を作り多くの民族と争いを続けたのです。

この一帯は、砂漠に囲まれていますが、大河や豊かな水に恵まれ田畑を開き、
農作物の栽培、家畜の放牧もできました。

すなわち、古代文明発祥の地、エジプトと砂漠の道、多くの富や民族が集約された土地、
カナンこそが「旧約聖書」の舞台なのです。

カナンの一年は、乾季と雨季です。乾季は全く雨が降らず、強い日差しが照りつけます。
川はいくつもありますが、夏の間は水が流れません。

一年中水が流れている川は珍しく、ヨルダンにある「ヨルダン川」くらいです。

そんなカナンも雨季に入ると、各地の川は水の流れる川となります。
この雨のおかげで、穀物は実り、地下水は涸れずにすむのです。

雨がわずかしか降らない荒野にも、春には草花が芽生え、
その草を食べて肥え太った山羊から乳があふれるようになります。

だからユダヤ人たちは、カナンの地を「乳と蜜の流れる地」と呼んだのです。