3.11 東北地震・津波は人工災害

2011 年 7 月 11 日、国会の答弁で、みんなの党の柿澤未途議員が
浜田和幸氏の米国の地震兵器に関する持論を追及。
それに対して堂々と答える浜田和幸政務官。

(以下、文字起こし)

柿沢:
そこで浜田政務官の国際政治経済学者時代の論文を、今日は資料として配布をさせていただきました。スマトラ
沖地震に隠された仰天情報。わたしなりに要約すると、アメリカが気象コントロール技術を研究していて、20
04年のインドネシア・スマトラ沖地震と、巨大津波もアメリカの開発した地震兵器、津波兵器が引き起こした
ものである疑いがある。文字通り仰天するような内容が此処に書いてあります。資料の3枚目、アメリカの思惑
として、地震と津波の襲ったこの地域は、熱烈なビンラディン支持者が多い、東ティモールの独立勢力も一掃さ
れた、アメリカの石油資本にとって長年の敵が消滅し、願ってもない自然災害だったと書いてある。最後にはで
すね、悪の枢軸国に対しては、地震や津波兵器を使うことも厭わぬアメリカ、こういうふうに書いてあります。
で、浜田政務官がこのような発言をしたり、論文を書いたりしたのは一度や二度ではありません。言わば浜田政
務官の持論であり、信念であると言って差し支え無いと思います。まあこういう方をですね、公認して選挙に擁
立した自民党も、なかなか勇気あるなあというふうに思いますけれども、菅総理にいたっては、この海外の人脈
やパイプを活かして、国際的な震災復興の協力体制を築いて欲しい、何をどうして欲しいって言うんでしょうか
ね。正直スマトラ沖地震と津波は、アメリカの地震津波兵器の仕業だ、と言われたら国際的な震災復興の協力体
制といったって、むしろアメリカだってこんな人を登用するなんて、日本国政府は何を考えてるんだ、と思われ
てしまうんではないか、というふうに心配を致します。どう思われますか?浜田政務官。

 

浜田:
えーお答えいたします。えー。地震兵器とか自然改変装置というのは、別にアメリカだけではなくて、旧ソ連も
今のロシアも中国も多くの国々がですね、研究開発に余念無く取り組んできた事実があります。でしかも、地震
あるいは津波、人工的に起こすということは、実は技術的には十分可能だと言われているのは、国際政治軍事上
においては、常識化されているのであります。そういった意味でスマトラ沖の問題にしても、そういう可能性が
あるということを十分踏まえた上で、世界の国際政治の現実、ということを捉える必要があるというのが、私の
基本的な考え方であります。だからといって、そのことによって、アメリカ政府やアメリカの様々な企業が、日
本のために援助をしない、そんなことはけっしてありません。現実に様々なですね、アメリカの軍の関係の技術、
国立の様々な研究所からですね、今回の大震災に関して技術的な協力をしたいという、申し出がよせられている
事実があるわけであります。以上です。

 

柿沢:
まあ、日本政府の一員の方が、このような答弁をされるということに、私はいささか驚きを覚えてしまいます。
えー、先ほど平野大臣自身がおっしゃられた、この経験知識知見をまさに震災復興に活かしたいと、まあこう言
うことを、平野大臣がいったことになってしまうわけです。えー、まあ先ほど申し上げたとおり、浜田政務官の
総務大臣政務官として、与えられた仕事は唯一、復興対策本部との連絡。
これだけですので、この方を通じて、総務省と連絡を取り復興に当たっての、パートナーとして仕事をしていく
わけであります。まぁ平野大臣、このご発言どう思われますか?わたくし率直にご感想というかですね、見解を
お伺いしたいと思うんです。

 

平野:
えー、今の先ほどの柿沢議員のご指摘、この論文に関するご指摘、それからそれにたいする浜田政務官の答弁、
まあ少なくとも今回の震災復興には、全く関係の無い話だと思います。

 

柿沢:
あのー、こういう、ですね、本当に4ヶ月経ってもまだまだ避難所の問題や、本当は今日石巻の学校給食の問題
などを取り上げたかったんですけれども。本当に震災からの復旧も復興も満足に進んでいない。こういう中で復
興担当政務官という名のもとに、引きぬかれた方が総務省でも復興担当本部でも、事実上居場所もなく何の機能
も果たしていない、これでいいのか。私は申し上げたい、いうふうに思います。この人事に関して極めて強い疑
問を呈して、時間は過ぎておりますので質問は終わらせていただきます。ありがとうございました。

(文字起こし終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です