グラウンド・ゼロと核爆弾

プラズマ兵器を地中の活断層やプレートに打ち込めば大地震を起こすことも可能です。

3.11 テロにも、このプラズマ兵器が使われたのは間違いないでしょう。
あの時、津波が押し寄せている最中に謎の物体が撮られてます。
福島原発上空でも巨大な葉巻型の物体が撮られています。
自衛隊が撮影した福島原発の映像にも UFO らしきものが撮られてました。
3.11 以降、日本各地では数多くの UFO らしき物体(プラズマ?)がカメラに収められていますが、
これらは、いったい何を意味するのでしょうか?

9.11 テロで WTC が崩壊する前に、とんでもない高速の物体が横切る瞬間を捉えた映像があります。
あれはいったい何なのでしょうか? UFO か? それともプラズマか?
また、WTC に突入する旅客機の下にくっついていたものは何か? 次がその画像です。

ミサイルや爆弾という説もありますが実は違います。

第一、あの角度で回り込むようにして物凄いスピードでWTC に突入するのは、
どんなに腕の達者なパイロットでも無理だと言います。

(動画 0:16あたりから一般の報道)

しかしこんなことをいうと私が前に説明したWTCに突入した旅客機と煙を出すWTC の映像は
CG ではなかったのか?という声があがるでしょう。

勿論、あの映像は CG であることは間違いありません。
CG 映像を見せたということは、私たちが見てはいけないものが映り込んでいたに違いありません。

(動画 0:40からスロースピードで見せてくれます)

9.11 テロの標的となった WTC(世界貿易センタービル)の跡地を、
米国では、グラウンド・ゼロ(爆心地)と呼んでいます。

テロ以前は「グラウンド・ゼロ」とは、
一般的に、広島と長崎を指していたわけですが
なぜ米国は、核爆弾で攻撃されたわけでもないこの地を、
わざわざグラウンド・ゼロと呼ぶようになったのでしょうか?