Mr.アンダーソンとの出会い(4)

今回は、Mr.アンダーソンの人物像についてお話しましょう。

封印の技術を私に見せつけた Mr.アンダーソンは、その後、
わざわざ遠い所から足を運び私に会いにくることに・・・

彼の話によると、自分は預言者で本来ならば某宗教団体の指導者的立場なのだとか。
某宗教団体で彼が指導者にならなかった理由は 2 つあり、
一つは指導者になれば真実が伝えられないから…
もう一つは、お金に興味がないから…だというのです。

では人々に伝えたい真実とは何か?
それは私と同じく裏社会の根幹にある UFO 問題と神問題だというのです。

なんでも彼は子供の頃に UFO を見せられたそうで、
UFO にアブダクション(霊的誘拐)され、人体実験されたり、
額にも何か埋め込まれているのだとか。もうほとんど SF 映画の世界の話です。

私も UFO は何度も目撃しているし、その存在は認めます。
いや、UFO や宇宙人の存在がないなら裏社会の謎は解けません。

しかし、UFO にアブダクションされた人間が私の身近にいて、
私の目の前でそれを語っているとなると、
正直、素直に受け入れられませんでした。 しかし彼は真剣そのものです。

これまでの「封印の技術」なども照らし合わせて考えてみると、
彼の言っていることは嘘ではないのです。

嘘を言うために、わざわざ多額の交通費や宿泊代などを払って
会いにくる人なんていませんからね。
ましてや封印のカードを送ってきたり携帯電話を送ってきたりするはずがありません。
だって会うまではお互いに全く面識がないわけですから。

彼の話はまだまだ続きます。
アフロヘアーでも有名なインドの霊的指導者「サイババ」をご存知でしょうか?
様々な超常現象を起こす超能力者的な人物です。
日本でも、昔スペシャル番組でよく出ていた記憶があります。

彼がいうにはサイババは本当の神の使いだったらしく、
彼とサイババは脳波でコンタクトを取っていたというのです。
(2011 年 4 月にサイババは死去)

9.11 のことも、サイババが彼に脳波を通して教えてくれたのだとか…

サイババの動画は下記をクリック!!
サイババの奇跡

サイババが行う超常現象で、空間から物を取り出す物質化現象がありますが、
中でも有名なのが白い粉を出すというのもの。

彼が起こす数々の超常現象は、まるでモーセやイエスキリストそのものですが、
以前私はサイババが白い粉を出す現象がインチキだという映像を見たことがあります。
それは超能力というにはほど遠く、素人が行う下手なマジックと言った方が近いでしょう。

私は彼(Mr.アンダーソン)にそのことを真っ先に指摘。
すると彼から返ってきた言葉はこうです。

サイババは本当の神の代理人で、どんな事でもやってのけます。
ですが、そうした力は非常に体力を消耗するし、
サイババももう歳もとっていて体力が持たず、
インチキをしたのだと思います…と。

確かにサイババがずっとインチキばかりやってきたのなら、
あんなに大勢の信者はいなかったでしょう。
あれだけ多くの信者がいたわけですから、
やはり何らかの超能力的なパワーをもっていたのかもしれません。

そんな彼(Mr.アンダーソン)のホームページがあります。
その名も「UFO 聖書(ユーフォーバイブル)」です。
http://ufobible.net/

彼は「UFO 聖書研究会」の代表で、私もこの「UFO 聖書研究会」のメンバーに加わることで、「UFO 聖書研究会」と「大日本平和党」の共同プロジェクトを実行することにしました。彼と私は裏社会に関しての細かい意見の食い違いはあれども、大筋での意見は一致しています。UFO 問題や神問題に関しての疑問を持っている人もいるはずです。あなたも何か疑問があれば、「UFO バイブル」サイトから彼に質問を投げかけてみて下さい。Mr.アンダーソンが親切・丁寧に解答してくれるはずです。

UFO バイブル:http://ufobible.net/
ご質問・お問合せ:http://ufobible.net/contact

同サイトには、彼の自己紹介などもありますし、一度ご覧になってみてください。
それから彼はメルマガも発行しています。

彼のメルマガへは当方で代理登録しますので、よかったら読んであげてください。
読みたくない方はメルマガの最下部にあるリンクをクリックして解除登録を行ってください。
代理登録といっても、あくまでも当方(大日本平和党)のサーバー内にある
メルマガシステムを経由してからの配信となります。したがって「UFO 聖書研究会」に
あなたのメルアド情報を提供した訳ではありませんのでご心配なく!!

現在、闇側の攻撃や妨害等の諸事情があり、サイトは閉鎖されています。
また、彼へのメールも送信不可となっておりますし、メルマガも配信されておりません。
ご容赦ください。

Mr.アンダーソンのお話の続きは、また次回にて。