プーチン大統領はKGBの上をいくGRU出身である

GRUとは旧ソ連時代から存続している組織で、
Glavnoye Razvedyvatelnoye Upravleniye(GRU:英語の発音”グルー”)
ロシア連邦軍参謀本部情報総局の略です。

プーチン大統領はソ連崩壊時にはKGB職員であったが、その後GRUに入っています。
ちなみに、GRUの方がKGBよりも上です。
(ソ連崩壊裏舞台はLINE@登録者には少しだけ触れています)

現在のGRU長官はイゴール・コロボフ氏で、2016年にプーチン大統領に指名されています。
(その前の長官はイゴール・セルガン氏ですが、レバノンで突然死を遂げています)

プーチン大統領はロシア人からかなり高い支持率を得ているので、
2024年まで問題なく在任することでしょう。
(再当選しましたね。^^)

彼のビジョンは「強いロシアの再建」です。

つまり、プーチン大統領が現在のロシアの國體といっても過言ではありません。

國體(こくたい)とはその国の在り方です。
それには、社会的、文化的、政治的、宗教的、教育的、
すべての分野から総合的に見た国のあるべき姿の事です。