借金を誤魔化す米国

第 94 代内閣総理大臣の菅直人は、
米国務長官ヒラリー・クリントンの召使いのような存在です。
なので菅政権は、米国の言いなりになっています。
米国が米国債を買ってくれと言えば、それに従うのが菅政権。
かつての小泉純一郎や竹中平蔵も同じでした。

悪魔国家である米国の奴隷となり、米国の命令通りに動く、何とも情けない日本政府。
米国という国は、物をほとんど生産せず、カネを右から左へ転がして、カネを産むような国です。
カネを転がしてカネを作るなどという発想自体が人間の道理に反しています。

かつての日本人は、そんなことを考えたことがありませんでした。
しかし、最近では米国(金融ユダヤ権力)に汚染されているせいか、
日本人のなかにも、そういった人が目立つようになってきました。

本来、日本人というのは、長い伝統の中で、品質を重視した物作りに励み、
その技術で食ってきた民族です。
そんな日本の物に比べれば、当然米国人が作った物は劣っているのが当然です。
なのに、米国が戦後 65 年もの間、潰れずに贅沢な暮しをしてきたのは、
バブルを作りあげて誤魔化してきたからです。

そのバブルが余りにも膨らみ過ぎて、もう誤魔化しようがなくなっているのです。
一度は 10 年前に 9.11 同時多発テロで誤魔化しましたが、
また 3.11 でも誤魔化そうとしたのです。
世の中の裏側を全く知らない平和ボケした人にいっておきますが、
ニューヨークで起きた 911 も米国が自ら自国を攻撃した自作自演であり、
311 も、米国が起こしたテロなのです。
これまでに話したことを考えていくと、納得ができるのではないでしょうか?

2000 年、米国はネットバブル崩壊、信用バブル崩壊・・・
2001 年の 9.11 で引き起こされた債務超過は益々加速していったのです。
つまり、911 は自転車操業を更に拡大するためのインチキだったのです。

米国では、国家ぐるみで行った多くの金融犯罪が背後に隠されていた・・・
だから、それを有耶無耶にしたかったからというのも 911 が起こされた要因の一つなのです。
同事件が起こる前、関わっていた多くの金融業者が
暗殺されていたことを、多くの人が知りません。
WTC に、その遺体を持ってきて、テロ事件によって死亡したことにされたのです。
そんな恐ろしいことを平気でやるのが米国という国なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です